「二度と散らない ねがい桜」奉納式 

「二度と散らない ねがい桜」

東日本大震災から6年を迎えました。

復興への道程はまだ遠いのが現実です。
しかし、その道を前に向かって歩くしかありません。
このたび、大震災で亡くなられた方、行方不明の方、
総数18550人(2012年)の御霊を桜に代えて、
陸前高田市海岸山「普門寺」本堂に毎年お納めしております。
昨年4月にはようやく半分の数になりましたが、
目標の18550花まではまだ遠い数です。

今年 4月23日 日曜日 午後1時~3時 三陸の桜が咲く時期、
普門寺にて「二度と散らない ねがい桜」奉納式を執り行います。
是非のご参加お待ちしております。

4月23日 午後1時 陸前高田市商工会女性部 代表 挨拶
NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会 代表 挨拶
曹洞宗 普門寺 熊谷光洋住職 読経 さくら奉納
前結び宗家きの和装学苑 戸頃教室 帯舞奉納
「二度と散らない ねがい桜」鎮魂歌 奉納
「二つの海」中越沖地震10年 東日本大震災6年
鎮魂歌 奉納
「ほほえみ観音絵」奉納 ひっころEcco
午後3時  終了

会場 岩手県陸前高田市米崎町地竹沢181 0192‐55‐2034

主催 陸前高田市商工会女性部

協力 曹洞宗海岸山普門寺・前結び宗家きの和装学苑
一般社団法人和の国
NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会
新日本橋きもの倶楽部
坂本屋・第九の会

カテゴリー: 東日本大震災 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)