気仙沼市長磯七半沢仮設住宅にて「きもの支援」

きもの支援
10月20日 気仙沼市長磯七半沢仮設住宅にて「きもの支援」を行いました。

午後1時30分~配布 2時30分終了 来場者50名程

持参点数(きもの・帯・襦袢・小物・四身・振袖・浴衣・他)400点程

来場された方たちには、いつもながら感謝され喜んでいただきました。

踊りをされている方、民謡で舞台に着るきものを探される方、

男物を探されるご年配の男性など小さい単位で(53戸の仮設)の初めての支援会、
細かい対応がしやすかったように思いました。

今回はNPO きものを着る習慣をつくる協議会 本部理事 きもの支援センター長の石森さんと

同じく理事の金野さんが中心になって支援していただきました

支援の「きもの」をお送りいただきました皆様に心から感謝申し上げます。

仮設住宅での支援は初めてです。これからは小規模の支援も必要と感じました。

被災地の春はまだ先ですね。

引き続き「きもの支援」宜しくお願い致します。

カテゴリー: きもの供養 パーマリンク

気仙沼市長磯七半沢仮設住宅にて「きもの支援」 への4件のフィードバック

  1. りはる のコメント:

    はじめまして。
    ウールの着物やゆかた、お召などが数点ありますが、お送りしてもよろしいでしょうか。

    • jun-an のコメント:

      おはようございます。

      是非ご支援をお願い申し上げます。

      心から感謝致します。

      きもの支援センター 021-0054 岩手県一関市山目字境57-5 和夢 石森 治 宛 電話・FAX 0191-25-5616 

  2. クライシ のコメント:

    こんにちは。
    先日は手芸用にウールを送りましたが、今日、ウール以外の着物や小物など一箱送らせていただきました。
    きもの支援にお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)