NHK京都放送局で被災地きもの支援と仕事支援を放映していただきました。

NHK京都放送局の夕方番組でNPO活動 被災地きもの支援と仕事支援を放映していただきました。

スタジオで幸星コースターを紹介。

NHKさん、ありがとうございます!

被災地のみなさん、頑張って幸星を縫って下さいね!

3人一組で製作しております!

現金収入になり、大変喜んでおられます。

幸せな星が来ますよ!

まだまだミシンが足りません!

中古のミシンやアイロンがあございましたらご支援をお願い致します。

きもの支援センター

021-0054 岩手県一関市山目字境57-5 和夢 石森 治 宛

電話・FAX 0191-25-5616

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

NHK京都放送局で被災地きもの支援と仕事支援を放映していただきました。 への2件のフィードバック

  1. 西浦 由美子 のコメント:

    初めてメールします。私は三重県四日市に住んでいる50代の女性ですが、年末に中日新聞で、東日本大震災の1周忌での喪服が足りないという記事を見て、そちらのこと知りました。昨年5月に私の母が旅立ち、遺品のなかに喪服一式あったのですが、どうしたものかと考えていたところでした。ただ、肌着と長じゅばんは黄ばんで、しみもひどいですが、草履とバックは新品のようです。同時に黒留袖もあります。母は身長150センチなかったので、私や義妹などには小さすぎし、捨てるのは気がひけると思っていました。もし、お役にたつのならと思いメールしました。お返事待ってます。

    • jun-an のコメント:

      メッセージありがとうございます。是非、支援にいただければ幸いです。

      まだまだ足りないのが現状です。

      宜しくお願い致します。

      きもの支援センターまでお手数がお送り下さい。

      本当にありがとうございます。

      到着次第、被災地にお届けいたします。

      NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会 理事長 中塚一雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)