きもの支援センター

きもの支援センター

021-0054 岩手県一関市山目字境57-5   石森 治 宛

電話・FAX 0191-25-5616 osamu311@gmail.com

カテゴリー: きもの支援センター パーマリンク

きもの支援センター への11件のフィードバック

  1. 本江 典子 のコメント:

    成人の日はすぎてしまいましたが 今からでも着物を送ることできるのでしょうか?

    • jun-an のコメント:

      メッセージありがとうございます。

      これからでもお願いしたいです。

      成人式以外でも披露宴や卒業式もあります。

      宜しくご支援をお願い致します。

      本当にありがとうございます。

      到着次第、被災地にお届けいたします。

      NPO法人きものを着る習慣をつくる協議会 理事長 中塚一雄

  2. ワタル のコメント:

    仲間から 沢山着物があるのだけれど 有効に使っていただける方に送りたいとの事。
    着丈の長い羽織、ウールの着物、浴衣地 等 ごっちゃだそうですが どんなものなら 今 支援センターに 送らせていただいたらいいですか?

    • jun-an のコメント:

      ご支援ありがとうございます。すべての「きもの」をお送り下さい。着られるものは支援に、そうでないものは和小物製作として「被災地の女性 手仕事展」に回します。
      宜しくお願い致します。本当に助かります!

  3. ワタル のコメント:

    すべてを 支援センターに送っていただくよう 連絡致しました。
    お待ちください

    • jun-an のコメント:

      ありがとうございます。心から感謝申し上げます。4月29日支援に間に合いそうです!

  4. 帯おびゆう結 阪本涼子 のコメント:

    京都ではありがとうございました。さっそく着物好きの仲間に声をかけ着物を集めております。 まず初回はウールの着物だけを数箱送りたいのですがよろしいでしょうか?

    • jun-an のコメント:

      おはようございます。出張から帰って参りました。先日はご参加ありがとうございます。
      ウールの「きもの」宜しくお願い致します。被災地の手仕事展用に使用させていただきます。宜しくお願い致します。

  5. 森田 のコメント:

    お尋ねいたします。長着、羽織、道行きコート等、正絹、ウール混ざっておりますが、そちらで必要であれば
    送らせて頂きたいのですが、いかがでしょうか。

  6. 増渕真帆 のコメント:

    おたずねします。
    母の着物(訪問着の他合わせ、ウール)、帯、小紋をほどいた反物などがあります。
    お送りしてよろしいでしょうか。

    • jun-an のコメント:

      おはようございます。

      パソコンの調子が悪く大変失礼致しました。

      お母上様の「きもの」を是非被災地でお役に立てるように致します。

      宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)